最新ヒーローランキング(2月13日更新)

top_image

概要

グリムノーツでは、主に下記3点のコンテンツが存在します。


ソロプレイ

クエストの想区やイベントの想区等。フレンドのヘルプを含め最大4人主人公のPTでプレイ。難易度は高くないため、基本的に星5ヒーローならクリア自体は簡単。必殺技でいかに素早く敵を処理できるかが重要視される。


★協力の想区

マルチプレイ。お好みの主人公にヒーローをセットし、他プレイヤーとPTを組む。

難易度は易しめのものから高難易度まで様々。職種やスキル、高火力など様々な要素においてPTに貢献できるかどうかが重要視される。


★闘技場

※PvP。闘技場用に組んだ自分のPTと他プレイヤーのPTを対戦させる。

他プレイヤーが敵となり、PTのAI構築や編成を手持ちのヒーローで行わなければならないため、難易度は高い。

協力の想区同様、職種やスキル、高火力など様々な要素においてPTに貢献できるかどうかが重要視され、加えて通常攻撃のコンボ数と攻撃速度が重要視される。
※PvP
…Player Versus Playerの略称。対人戦のこと
闘技場における必殺装填は、通常攻撃で溜まっていくため。ヒット数や振り速度が優秀なほど、必殺装填が溜まりやすい。


ヒーローは、職種だけでなく通常モーションやスキル、必殺技まで千差万別なので活躍できるコンテンツに違いが出てきます。

そこで、各コンテンツごとにどのような活躍が期待できるのかを考察するのが本コラムの概要となります。

評価基準は下記のようになっております。

評価基準
S+最強の性能、または最高率の性能を発揮するヒーロー。
使用すれば難易度が格段に変わる。
S群を抜いて優秀なヒーロー。
優先的にPT編成されることが多い。
A+多少工夫が必要だが編成やAI次第ではトップクラスの活躍が
期待できるヒーロー。
A工夫が必要だが、編成やAI次第では優秀な性能を
発揮するヒーロー。
B+現環境において上位ランクより活躍の幅が
狭いと思われるヒーロー。
B
C十全に活躍させるには、キャラ愛が問われるヒーロー。


この基準値を、各ヒーローごとにソロプレイ・マルチプレイ・闘技場の三つの内容で評価し、三つの要素を加味した上で総合的に評価していきます。

1ユーザー視点で最新キャラを評価していくページとなりますので、一つの判断材料や参考文献としてご活用いただければと思います。


シャドウヘッダ

新たなる力を手にしたシャドウ・ヒーローの二人が実装!

望まぬ祝福と望まぬ死、物語の「おしまい」を否定するための力を手にした二人のシャドウ・ヒーローが新たに加入しました。
新たに獲得した能力の使い道は、果たしてどのような場面になるのでしょうか。


最新ヒーローランキング

ヒーロー名ソロプレイマルチプレイ闘技場

シャドウ・酒吞童子

シャドウ・酒吞童子

S

S+

A

総合評価

 専用武器の特筆すべきスキルとして「必殺吸収G」と「金剛」が挙げられ、長期戦が想定されるマルチプレイやソロプレイにおいては強靭な盾役として一線級の活躍が約束されています。
 同様の専用武器スキルを持つヒーローにカオス・ガラハッドがおり、どちらも壁役に適した高い防御力を誇りますが、シャドウ・酒吞童子は優れた火力増加スキルを複数持つほか、およそ1.5倍のHPに加え、「無欠」・「金剛」といった防御スキルも持つため、攻撃面・耐久面における高い優位性を持ちます。但し、必殺技に関してはカオス・ガラハッドやシンデレラ(聖夜)のような対象の背後を取るモーションでないため、利便性を落として火力にフォーカスしたものとなっています。

シャドウ・ゴッドマザー

シャドウ・ゴッドマザー

B+

B

A

総合評価

 自身のスキルに「ダブルリジェネ・中」、専用武器スキルに「攻撃中効果R」「スプレッドR 」を有し、リジェネの可能性を追求したヒーローとなっています。
 ソロプレイおよびマルチプレイにおけるリジェネの回復は恩恵が薄く、かえってパーティ全体の火力低下に繋がるため推奨されません。但し、「ダブルリジェネ・中」のスキル効果により、リジェネによる闘級経験値の獲得量が他ヒーローの2倍になるため、片手杖の闘級上げという限定的な運用においては最も適したヒーローの1人といえます。
 闘技場での運用に関しては、二段階の必殺技を活かしつつ敵に呪いを付与して必殺技の回転率を落とす耐久ヒーラーとしての運用が見込めますが、シャドウ化前のフェアリー・ゴッドマザーのようにユニオンの裏まで回復するPT全体へ及ぶ回復必殺技ではなくなっている点に注意してください。

過去の最新ヒーローランキング ランク分け



更新されるごとに、下記ランク分けに随時追加予定です。

総合S+評価ヒーロー
ヒーロー名武器種総合総合評価

ファム(聖夜)

聖夜ファム

槌盾S+範囲・威力・継続時間の全てに秀でた必殺技を持ち、どのような場面においても一線級の活躍が見込める。
自身のスキルと専用武器により火力面と耐久面の両方を上げ、敵に凍えを付加しつつ自身への状態異常を軽減する弱点のない構成となっている。
通常攻撃のヒット数やモーションが創造主に比肩しうる優秀さを誇るため、闘技場においては主砲役のみならず、安定したゲージ回収もこなせるオールレンジヒーロー。

アンデルセン

アンデルセン_アイコン

槍盾S+

槍ヒーローの中でダントツの高耐久を誇る上、通常攻撃に多大な凍え効果がついているため、相手にスリップダメージ及び防御力低下を付与できる。
通常攻撃に関しては攻撃の振りが早く、手数も多い。加えて必殺技は広範囲・高威力と非常に優秀なため、あらゆるコンテンツにおいて極めて優秀な性能を発揮するヒーローといえる。

総合S評価ヒーロー
ヒーロー名武器種総合総合評価

シャドウ・酒吞童子

シャドウ・酒吞童子

槍盾S攻撃力・防御力・HP全てのステータスが軒並み優秀で、防御面においては自身の「無欠」および、専用武器のスキル「必殺吸収G」と「金剛」により、長期戦が想定されるマルチプレイやソロプレイにおいて強靭な盾役兼パーティ全体の装填回収役として一線級の活躍が期待できる。
また、攻撃面においても専用武器含め複数の火力増強スキルを有し、対峙ボスの弱点によっては火力役としての活躍も見込める。

ドロデア・フィーマン

ドロデア・フィーマン

魔導書S専用武器の特筆すべきスキルとして「再編」および「必殺WAVE装填・特大」が挙げられ、不意の一撃による即死を防ぎつつ、PT全体の装填が可能。
また、自身のスキルであるGN光耐性により他の創造主が保有するGN属性スキルを打ち消し、PT全体への属性付与を無効化できる。これにより、創造主をPTメンバーへ組み込む際のデメリットを消滅させることが可能となる。

カオス・アリス(学園)

alice

大剣S

必殺技が極めて優秀。二段階に分かれており、一段目の不良ヴィランを全部で上下2・2ライン、中1ラインの合計3レーン飛ばす攻撃、2段目の対象をサーチしたトランプ爆発により、必殺技の範囲と殲滅力はトップクラス。専用武器を含むと強力な火力スキルも豊富なため火力も高く、必殺ゲージの確保さえできれば、どのコンテンツにおいても優秀な火力兼殲滅役として活躍してくれる。

キュベリエ

icon

両手杖S

最長で30秒間PTにバフをかけ続けてくれるFOにより、キュベリエの裏を含むPT全員にバフをかけることが可能。マルチプレイでの恩恵が特に多く、マルチクエストの難易度そのものが大きく低下するほどの性能を誇ると考えられる。

固有スキルである「浄化」も強力で、彼女がPTにいるだけでPT全員が状態異常になりにくくなり、安定性が向上することも強み。唯一性のある強力なサポート性能と高火力の必殺を両立しているため、トップクラスのポテンシャルを秘めているヒーロー(女神)。

クロヴィス(聖夜)

聖夜クロヴィス

大砲S対ボスラッシュにおいて鬼のような強さを誇るヒーロー。
専用武器のスキルが軒並み後衛でチャージ攻撃連打することを想定したものとなっているほか、専用武器のリロード時における弾が(打・雷・麻痺)に変化するため必殺技を使わずとも麻痺を与え、自身のスキルによる麻痺追撃の恩恵を受けることができる。
必殺技の性能も高く、雑魚とボスの両方を見られるため、マルチプレイにおいては無類の強さを誇るヒーローといえる。

サード(聖夜)

聖夜サード

片手杖S必殺技は発動直後と攻撃後の2回となっており、1回ごとの回復量は他のヒーラーに対して低く設定されているものの、専用武器のスキルによって回復力が大幅に向上するため、必殺技ゲージの消費効率は他のヒーラーに比べて格段に良い。
また、専用武器のスキルでドロップ率の上昇も図れるため、基本的には専用武器での運用が前提となる。
長い継続時間を有する必殺技と自身のスキルとして「強運」の上位互換を有するため、耐久面も優れているといえる。

エル

エル顔

片手剣Sコスト2でありながら広範囲・多段ヒットの必殺技は高い汎用性を有する。
1WAVEが短いソロプレイや闘技場においては「先制」の恩恵を受けやすく、高性能な専用武器と必殺技を活かした様々なパフォーマンスが期待できる。

イデア

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a32

片手剣

S

攻守ともにバランスの良い片手剣ヒーロー。特に防御面に関しては片手剣随一の性能を誇る。
自身のスキルにより防御特化となっている一方、専用武器には優秀な火力スキルが粒ぞろいとなっている。
また、必殺技はコストパフォーマンスの高い技となっており。属性スキルもつかないことから、闘技場における耐属性スキルの対策も効かないことも強み。

ファム(学園)

ファム(学園)

篭手S
30コンボ以上の時に与えるダメージが60%増加する破格の専用スキルを有する。専用武器にはコンボ延長スキルを保有し、武器種や多段必殺技も相まってコンボ周辺の環境が整っている。
また、専用武器のスタン追撃や会心(威力)により対策不可能な超威力の一撃を狙える。

ルートヴィッヒ・グリム(学園)

ルートヴィッヒ・グリム(学園)

両手杖Sシューターで必殺装填×3を有するヒーローは少なく、どのような場面においても一定以上の活躍は見込めるヒーロー。専用武器ではなく本人のスキルとして有しているところも利点。
通常攻撃が弾攻撃のほかに近接範囲でも重複ヒットする特殊仕様のため、闘技場における装填回収力は優秀。但し耐久面には不安が見られるため、適切な形で運用するにはAIや武器、パーティメンバーの工夫が必要。

ヘンゼル(ハロウィン)

ヘンゼル(ハロウィン)

S

麻痺付与・広範囲・高火力の必殺技が非常に強力。必殺自体の挙動も癖がないため扱いやすく、どのようなクエストでも活躍ができる。
必殺技と専用武器には属性攻撃がついていないため、闘技場では耐性コアの影響を一切受けない点も強力。

人魚姫(ハロウィン)

人魚姫(ハロウィン)

片手剣

S

自身のスキルとして状態異常無効を有しており、闘技場において強力な状態異常を完全に無視しながらの安定した立ち回りが可能。また、専用武器には火耐性がついているため、火耐性によるサポートも可能となっており広範囲での活躍が見込まれる。

シャドウ・シェリー

シェリーヘッダ

両手杖

S

自身にwave特大装填を持つため、適所武器を変えつつも最高峰のPTサポートを必ず行える点が魅力。
必殺技は高威力・サーチ型・広範囲・バースト属性(ガード不可)のため、殲滅力も高い。
「悠久の刻」により、長waveになりやすいボスラッシュとも相性が良い。

シャドウ・ジョン・シルバー

ジョンヘッダ

大砲

S

最高率のドロップ率上昇スキルを持つため、素材集めをする時に一番重宝するヒーロー。必殺技の火力や範囲も申し分がなく、ソロプレイにおいては殲滅と素材収集を両立できる。
専用武器には「バレット攻撃」スキルがついており、バレット属性である通常攻撃にも補正がかかるため、トップクラスの通常攻撃力を持つ。

タオ(夏)

タオアイコン2

大砲

S

持続の長い高威力広範囲の必殺技、専用武器による開幕装填により場所を選ばず高水準で活躍が見込めるキャラ。

総合A+評価ヒーロー
ヒーロー名武器種総合総合評価

リズ

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a33

魔導書

A+

マルチプレイにおいて欲しいスキルが多く揃っており、当該コンテンツでは極めて優秀な性能。必殺技は癖がなく広範囲のため、様々な場面で効力を発揮する性能となっている。
また、火力自体も「悠久の刻」や「体力最大攻撃」等で確保されており、攻撃とサポート両面において優秀なヒーローといえる。

エルノア・リィンレース(学園)

エルノアアイコン

大剣A+

自身のスキル2種については必殺技の火力底上げに直結しており、高威力かつ広範囲の必殺技で主砲としての役割を担える。ソロプレイにおける雑魚敵の湧きつぶし性能も優秀。
専用武器に関しては、PT闇耐性によりPT全体の生存力を上げることが可能。また、通常攻撃周りのスキルが厚くなっているものの攻撃モーションは遅く、スキルを活かせる場面は極めて限定的といえる。

赤い靴のカーレン

カーレン

魔導書

A+

防御デバフ必殺技を保有するヒーローの中でも随一の火力を有する。
ボスラッシュにおいては、専用武器のスキルを活かした立ち回りを行うことで切替技回復+防御デバフという従来の魔導書ヒーローが担うべき役割に留まらない、非常に広範囲での活躍が見込まれる。

レイナ(サマー)

レイナアイコン

大剣

A+

専用武器にはwave装填特大が付いているため、とりあえずPTに編成しておくだけでも便利。必殺技は5ラインなので、多くの敵を巻き込める点も魅力。加えて、必殺技は現状対策しにくい氷属性。

総合A評価ヒーロー
ヒーロー名武器種総合総合評価

カオス・赤ずきん(学園)

akazukin

Aシューターの中で通常攻撃のコンボ数が優秀な方であり、必殺技の多段ヒットにより比較的コンボ数を稼ぎやすい。このため、PTのコンボ数を稼いだり、闘技場ではゲージ回収役としての活躍が可能。固有スキルである「執着(コンボ20以上で攻撃力50%↑」を活かしやすい構成となっているため、いかにコンボを維持した状態で戦えるかがキーポイントとなる。

シャクナ・リリィベール(学園)

shakuna

A

とても珍しい「呪い効果」をスキルとして持つヒーロー。必殺技、および通常攻撃は呪いを中心として複数の状態異常を付与することができるため、闘技場の相手ヒーローを妨害して味方の補助をする立ち回りが考えられる。魔導書の通常武器もサポートに特化した優秀なものも多いためカスタマイズ性も高い。呪いの状態異常に注目し、必殺技を使う相手ヒーローにうまく当てるように工夫ができれば、他ヒーローにはできない強力なサポート役となるだろう。

エイダ(聖夜)

%e8%81%96%e5%a4%9c%e3%82%a8%e3%82%a4%e3%83%80

大剣A自身のスキルでPT全体の防御力を増加し、必殺技で自身へ防御バフをかけ、専用武器のスキルでさらに防御力とバフの強化を図る、まさに「白き盾」の二つ名にふさわしい耐久特化型ヒーロー。
専用武器のスキル「金剛」により被弾時のふっとびや押し込みを大幅軽減するため、連続被弾による拘束から逃れやすくなっている。

ウィズ

ウィズ顔

魔導書A必殺技には攻撃デバフの効果があり、専用武器のスキルである「補助効果延長」と併せて敵の攻撃力を長い時間押さえ込むことが可能。
闘技場においては常にデバフをかけ続けることで味方の事故を減らしつつ、通常攻撃による凍えと必殺技ゲージ装填を行う専用武器のスキルを活かした立ち回りが期待できる。

グレーテル(ハロウィン)

グレーテル(ハロウィン)

片手杖

A

自身の「スイートPT」により、PTに組み込むだけでPT全員のサポートができる。また、専用武器には「攻撃力増加」のスキルがあるため、必殺技や切り替えの回復力が非常に高い。必殺技の持続時間も長く、一回の必殺で高い回復を連発するため、闘技場においてはこの必殺を撃ち続けることによって粘り勝ちするような戦術も取りやすくなる。

エクス(サマー)

エクスアイコン

槍盾

A

星5武器が優秀な槍種であるため、武器さえ持っていれば柔軟な活躍が可能。攻撃モーションも優秀なため、闘技場では装填回収役としての活躍が見込める。
また、専用武器のPT攻撃でPT全体の火力を上げることができる。

総合B+評価ヒーロー
ヒーロー名武器種総合総合評価

シャドウ・ゴッドマザー

シャドウ・ゴッドマザー

片手杖B+自身のスキルに「ダブルリジェネ・中」、専用武器スキルに「攻撃中効果R」「スプレッドR 」を有する、リジェネの可能性を追求したヒーロー。
「ダブルリジェネ・中」のスキル効果により、リジェネによる闘級経験値の獲得量が他ヒーローの2倍になるため、片手杖の闘級上げという限定的な運用においては最も適したヒーローの1人といえる。
 闘技場での運用に関しては、二段階の必殺技を活かしつつ敵に呪いを付与して必殺技の回転率を落とす耐久ヒーラーとしての運用が見込めるが、シャドウ化前のユニオン裏まで回復するPT全体に効果を及ぼす回復必殺技でなくなっている点に注意。

雪の女王

雪の女王

B+

自身のスキル「極寒」およびメモリアにより、通常攻撃・必殺技の両方で安定した凍え状態の付与を行うことが可能。
専用武器のスタン効果も併せて、敵の足止めおよび耐久低下に特化したサポート役としての活躍が見込まれる。

総合B評価ヒーロー
ヒーロー名武器種総合総合評価

シータ

シータ顔

B自身および専用武器のスキルは後衛に徹することで火力を底上げするものが多く、敵からの被弾を抑え、安全な立ち回りが火力の底上げに繋がるヒーロー。
雑魚敵からの被弾によって「体力最大攻撃」が無効化されたとしても、手数の多い通常攻撃と「ヒーリングアタック」の組み合わせでヒーラーに負担をかけることなく持ち直すことが可能。

アニエス

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

片手杖

B

ヒーラー固有のスキルである「リジェネ」に特化したヒーローとなっており、必殺装填を使わずに味方ヒーローを大きく回復させることが可能。そのため、ボスラッシュ等の高難度かつ必殺装填が枯渇する場面が多いイベントでは助けとなってくれる。
専用武器も含めるとノックバック無効や防御60%増加のスキルがあるため、ヒーラーの中でも耐久が高い。

シャドウ・オデット

オデットヘッダ

槍盾

B

高いHPによる高耐久と豊富な火力スキルにより攻防を両立した槍盾。
マルチプレイではタンク(囮)役の他に、専用武器を用いた火力役としての運用も可能。

シェイン(夏)

シェインアイコン

篭手

B

2コスト1ラインの往復必殺が特徴的で、必殺技を連打しやすい。
この必殺技をうまく利用することで、相手の動きを常に邪魔するような役割を担える。専用武器には状態異常耐性もついているため、自身は安定して動き回りやすい。